ナンピン買いは難しいです

-

-

ビギナー向けのFX投資の教科書では、「損失を被った時にはナンピンすることで全体のコストを抑える事ができる」などと記述されていますが、これには相当大きな危険が潜んでいます。湯上りカラダ美人

はじめに、ナンピンのロジックについて簡単に説明します。すっぽん小町

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。コンブチャクレンズ 効果的な運動

$(ドル)買いということで円安ドル高に動くほど儲けが出ますが1ドル95円までドル安に推移したとします。ヨガプラス新宿 体験レッスン

そのままの場合持ち続けたとしたら、マイナスをなくすためには、損した分、円安に向わなければなりません。キレイモ高崎

皆さん、損は出来るだけ早く回復したいと願うでしょう。

これを解決するためはじめに取引したのと同額分のドルを1ドル95円で取引します。

これで、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50円まで下げることができますつまり、2円50銭の幅で円安ドル高が進むと損を回復できます。

この流れがナンピンの理屈です。

このように、ナンピンの理屈を理解すると「まちがいない」という考えになるがマーケットは簡単には上手くはいきません。

元々、1ドル95円が底値だということなど、わからないのである。

仮に、為替が相当に強い円高の流れだとすれば95円では収まることなく更に一段の円高ドル安に向う確率は高いです。

仮定として、1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高が進んだら、ナンピン買いをした分についても差損が生まれてしまいます。

こういう状況では一番初めにエントリーしたドルと合計で、より大きな差損を被ります。

この通り、ナンピン買いは難しいです。

ならば、為替相場が自分自身のストーリー展開とは逆向きに素早く行ってしまった場合いかなる方法で危険の確率を避ければいいのでしょうか。

こういう時には取るべき手段は2つ。

ひとつめはあきらめて、損切りをする事です。

もうひとつは、その段階で、あなたが所持しているポジションを少なくする事によって、市場がリカバリするのをひたすら待機する事だけです。

ずいぶん消極的な方法だと言う投資家もいるだろう。

だけど、自分の買いポジションに損が生じた場合、一番妥当な手法はこの2つ以外にはありえません。

確かに、机上ではナンピンという手段も効果的です。

しかしナンピン買いは自分自身が損をしている状態にもかかわらずポジションを減らすどころか買いポジションを重ねていく方法である。

この考え方では、危機を避けることなど、どう考えてもできないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをしていけばいつの日にか利益を上げられるかもしれません。

けれども、それより先に投資資金はショートしてしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.clubottoruote.org All Rights Reserved.